災害復旧(続) - ほぼ毎日ブログ - 長野で自然素材の住宅リフォームなら 株式会社イマイ企画

2019/11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

blog.rdf

2019年11月7日

災害復旧(続)

昨日に引き続き豊野のお宅ですが、ふと現場で気になる部分があり、道具を持参して試してみました。

画像にも写っていますが土台の上の乾いた泥!

一見乾いているように見えますが、泥パックのようになっていて

土台が呼吸できず、濡れたままでいるのではと思い、スクレーパーで剥ぎとってみました。

やはり、泥パックの下はかなり湿った状態!

土台・大引き、手の届く部分は全てこすり落とし、風乾燥します。

細かい部分ですが、やるとやないとではかなり乾燥時間に差が出そうな部分ですね。

地道な作業ですが、できることをやり、復旧後の住環境に影響が出ないようにしっかり施工していきたいですね!

昨年の今日のブログ(2018年11月07日 の記事)

気温の差が・・・

komiです。 長野市内のリフォーム現場です。 以前にも大規模リフォームでお世話になった お客様です。   今回は、システムバス、トイレ、脱衣場 をつくります。 完成まで、もうしばらくお待ちくださ.... 続きを読む

気温の差が・・・

コメント

by 名無し2019/11/09 17:09:52
泥パックは、寒くなってきたとは言え、カビの温床になりそうですね。
by しゃっちょう2019/11/09 23:22:21
そうなんです。
カビは大敵ですね。
これからよーーーく乾かして、消毒殺菌の施工を行い、
カビ対策にも万全を期します。
ご心配いただき、ありがとうございます!
by しゃっちょう2019/11/09 23:24:41
当方は、含水率計という機材により、
材木の水分量を計測しています。
表面より4cmほどの内部でも20%ほどの含水率になったら
次の消毒殺菌の工程とします。
早く早くと工事を進めてしまうと後でカビだらけのお住まいになってしまいます。

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはiuraです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-691-491

お問い合わせフォーム

お名前

郵便番号

お住まい

ご連絡先

メールアドレス

お問い合わせ内容

ページトップへ